FC2ブログ
好きなもの:
★神社・仏閣めぐり
★野球
★犬
★箱根駅伝
★ウォーキング
★納豆
★赤ワイン
… and more。


好きな場所:静岡県、神奈川県(横浜、鎌倉、湘南、箱根)




野球を著しく愛しています。(ちなDe)
ちなみに子供の頃の夢はウグイス嬢でした。
推しメンは石川雄洋内野手ですが、最近は神里外野手も大好きです。

好きな打順は1番と3番、好きなポジションはショートとセカンド。(アマチュア野球だとショートとサード)

好きなプレーは6‐4‐3のダブルプレー。ホームゲッツー。センターからのバックホーム。

好きな野手は、ショーバンをきれいにさばく内野手。ライン際の強い打球をキャッチしてランナーをアウトにする三塁手。俊足のスイッチヒッター。


打順1番の遊撃手 >打順4番の捕手



ウグイス嬢ってどうやってなるのか教えてください。アラフォーでも就ける野球関係の職業があれば教えてください。(本気)


Category: 自己紹介
今日のランチ。 

普段はガッツリボリュームメシを喰らっていますが、たまにはOLっぽいランチの日もありますわよ。

20200803223612ee6.jpg

横浜市役所新庁舎にて。



前から気になっていましたが、買うほどでもないので図書館で借りてみました。

たまに行く図書館はイイですな。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ルポ中年童貞 (幻冬舎新書) [ 中村淳彦 ]
価格:880円(税込、送料無料) (2020/7/30時点)




本ではかなり真面目に、彼らの『こじらせ』や『問題行動』を取材し分析し例示しており、なるほどと思いながら読みました。

そういうキャラだから童○なのか、○貞だからそうなっちゃったのか。
どっちなんでしょうね〜

ちなみに、私の周りにも、ちょっとこれは…っていう人がいました。


①私の友人に起きた話。
一緒にごはん食べただけで『これは、オレたち付き合ってるってことでいいのかな?』と聞いた40超童○。
他の人に『あの子(私の友人)とどうなったんだよヒューヒュー』と言われ、『一緒にメシ行ったよ』『カレーソバ食いに行ったんだぜ』『クルマで一緒にでかけたよ』『ランチたまにいってるよ』と報告するが、実は一回蕎麦屋に一緒に行ったこと(交通手段がクルマだったいうだけ)をいろんな言い方で言い換え、さも何回も行っているように周りに申告していたそう。(友人曰くそんなに何回も会っていないそう)

ちなみにその男性には私も、いきなり、『みさとさんとつきあってもいいとオレは思ってるんだけど』と言われたことがあります。

上からだなww


②これは、私の話。
知人に以前紹介されたアラフィフ男性(童○かはわからない)。一度仲間内で顔合わせ的に飲んだだけ。
その後野球観戦に行った日が偶然同じだったので、舞い上がられ、観戦中に呼び出されたりみんなで試合後に行った飲み屋で隣に座りたがり、ウザかったので話しかけなかったらいじけ始め、雰囲気を壊されました。周りに注意されてましたw
(そういう人って距離感もなんかおかしくて、立ってるときや歩いてるときに異常に近づいてきてちょっとジャマなのに気づかないみたい)

③これも私の話。
以前、婚活で仲良く?なった30代前半(当時)男子。誰とも付き合ったことがないとカミングアウトしていたが○貞かは不明。
飲みに行ったら、飲み始めて30分で『うちで飲み直しませんか?』(ワキ汗かきながら)
もちろん秒でお断り。

他にももろもろ
・紹介されただけなのに『カノジョできてさー』と公言する人
・風○嬢をカノジョと思っちゃう人
・婚活パーティでマッチングしただけの相手を『パートナーができた』と公言し珍しく自分に好意を持ってくれた子を振っておきながらに、パートナーになったと思っていたのは自分だけで、ただマッチングしただけだから何も進展はなく自然消滅。好意を持ってくれた子に都合よく再連絡をするも『例のパートナー?は?マッチングしただけ?ちゃんちゃらおかしいんですがwwwwそれが「パートナー」ウケるんですけど!ww』とハナで笑われたアラフィフ男
など。

いろいろ毒吐いちゃいましたが。


『お前がいうな』『お前が語るな』『お前が選ぶな』って言われそう(泣)
いくらモテないからと言って、気持ち悪い発言をしないよう、くれぐれも気を付けますm(__)m










Category: 未分類
※タイトルを卑猥にしてみましたが、記事に卑猥要素はありません。






ある日の昼下がりのこと。

会社の男性社員がそっと近づいてきて、すっと紙を差し出し、私にそっとささやきました。

『みさとさんにどうかと思って』と。



司法書士の受験案内です。
もう期限が切れている案内書ですが、法務局に行った際置かれているのを見つけ、私を思い出し、持ち帰って来たとのことです。

これを狙えるのはみさとさんだと思います、とも。

え?
なにをおっしゃっているの??
この子(※30代後半)正気なのかしら。

そんなイメージを持たれているなんて。
行政書士の勉強に手を付けたことを会社では誰にも話していませんし、目下挫折中ですのに。

全く想定外でした。


そして今日再び。

『これどうですか?』と。
20200721172714ca9.jpg

本屋に有ったんですよね、ですって。

またわざわざ持ってきてくれました。
ちなみに私LE○よりTA○派です。

どうやら彼は、マンション管理士の勉強をしており、マンション管理士の試験勉強があまりに難しいので、有資格者である私が輝いて見えるご様子。

だからといって、マンション管理士と司法書士はかぶらないと思うのですが、内心司法書士にあこがれている私は、連想してもらったこと自体には悪い気はしません。


だけど最近のわたし、現を抜かしてるんだよね〜
勉強はおろそかです。


マグマヨガにハマりまくりだし…

時差出勤で朝早いのに、出勤前にハンバーグ試作したりしています。タイムトライアル状態w

ソース不要 いきなりハンバーグ
20200721175637b06.jpg

ジューシーハンバーグ(食べかけ)
20200721175637b11.jpg

写真は微妙ですが、おいしかったです。


行政書士の勉強を始めたときは、実はいろいろ考えることがあって…
迷走の末勉強を開始しました。
それはそれで後悔していません。(後悔するとお金がもったいなくて死にたくなるし、そのときは必死だったんだからその時の自分を否定したくないし)

豊かな生活をしているわけではありませんし、もういい年こいていますので、お金や時間の使い道はきちんとしたいのですが、いろいろトライしてみたい自分はいます。

続いてないけどなww


余談ですが…
数年前、夢見心地&世間知らず&非常識&天然クソわーママ後輩が、私と働きはじめて暫くして、(両手を合わせ指を組み顔の前でクネクネしキャッキャしながら)『みさとさんなら、二級建築士イケます!キャッキャ』と言ってきたキモイ経験を忘れません。

建築士って難しいし実務経験必要だし、二次試験もあるんだよ?建築士周りにたくさんいる部署に来たんだからかんたんに言っちゃだめだよって言ったら、『二次試験?そんなのあるんですか?!』だって。

知らないのは仕方ないけど、知らないのに無責任な発言するなよ!調べてもないのに知ったかぶるな!(普段の発言や仕事上の問題があったから余計)って思ってエライ腹がたったことがあります。
お前がいうと馬鹿にされてる気しかしないんだよ、と。


クソは私と話す口実が欲しかったのでしょう。
クソは馬鹿だし世間知らず、働く意欲だけはあったけど、宅建を受かっただけでアタシすごい!と勘違いしている情弱&資格カブレで、いい年してなんにもわかってないおバカさんだったのでしょう。(これだから専業主婦上がりは苦手)
そんなやつにおだてられても、逆に失礼にしか捉えられませんでした。



でも、仲良しの知人に同じように特定の資格を勧められても嫌な気持ちには全くならないし、ましてや司法書士を勧めてくる当該新人クンにも全く悪い気はしません。

世間一般のワーママ自体に反発はないし、ハンデがある人と一緒に働いたり手を貸すことはむしろ好きです。
(前部署で病に倒れたおじさんが長期休んだときは毎月お見舞いに、2時間かけて一人ででも行ったし、復帰してからはほとんど手を貸していました。もちろん重いときもありましたが。ご家族にはお礼を言われ今でも年賀状をやり取りしてるけど私は好きでやっていたから今はなんとも思わないです。)

人の無知も当たり前だと思っていますし。

よーするに、人によるんだねww



とりあえず、早く休みたい!
次はマカロニサラダ作りたい!

4連休カモーン♪


ではね。








Category: 資格・勉強
こんにちは。マグマヨガスタジオでロッカーキーを渡される度、ロッカー番号をみてベイスターズの選手の背番号を連想している者です。
ちなみに、一昨日は37だったので楠本でした。




先日、友人からうれしいメールが来ました。
『両親がお墓参りに行った際、近くにある笠森観音に寄ったんだけど、縁起ものである黒招き猫グッズをみさとちゃんの分も買ってきてもらったから送るね』との内容。

なんていうことでしょう。

私の分まで買ってきてあげようっと思う気持ちが何よりうれしいし、買ってきてくださったご両親にも感謝。
私は友人にすごく恵まれています。
(思春期は人間関係が一番の悩みだったし、実際友達作りがうまくなかったけれど、そのおかげで今は厳選された友人付き合いができるようになったのかもしれません)


こんなにかわいらしい根付が届きました。


笠森観音、うちからは遠いけれど、いつか行ってみたいと思います。




Category: ありがとう