FC2ブログ
みさとです。 食べたものや行ったところを中心に気ままにつづります。 たまに愚痴ったり語ったり浮かれたりもします。 リンクの際は、コメント等でお知らせください。
昨日読んだ本★改めて、憧れ。
2019年03月15日 (金) | 編集 |
会社帰りに買って、すぐ読みました。





住宅系の仕事をしているはしくれとして、また法律士業に憧れている者として、つい買ってしまった本です。
賃貸住宅に住んでいなくても、住宅業界で業務をしていなくても、興味深く読める本だと思います。


出てくるいくつかのケースごとに、このご時世だしな・・・と思ってみたり、この人アホだな、自業自得だなと思ってみたり、こうはなりたくないと思ってみたり。
いろんな感想をもちながら一気に読破しました。

いくら私が貧乏OLだからといって、さすがに家賃滞納やライフラインを止められたりしたことはありませんが、お金苦しいなって思ったことは若い頃はしばしばあったんで、全くよその世界とは思わずに読みました。
(今お金に困っていないとは言っていない)

改めて。
先のことは分からないって思います。何が起こるのかなんて誰にもわからない。
もちろん、悪い意味だけじゃなく、いい意味でもね。


とりあえず思ったのは、司法書士ってやっぱ憧れる!
知識で人を助けたり、自分を助けたりできるようになりたいな。
そしてキリッとスーツを着こなしてスマートに仕事したいな。もちろん恋や結婚も諦めずに。

(まず痩せろ)

女性でありながら基本的に女性が苦手な私ですが、司法書士については、女性の方のブログや著作を読むことが多いです。

以前通っていた資格学校の講師をしておられた方の中に憧れの女性司法書士の方がいますし、最近では冒頭に紹介した本の著者である司法書士の先生のブログ等を読ませてもらっております。

なんでこんなに頭がいいんだろうとか、どうして司法書士になろうと思ったんだろうとか。
聞きたいことがいっぱいあります。
頭がいいだけでなくガッツがある女性にどうすればなれるかなっていつも考えます。
しかも難関資格を受けたりしながら、どうして結婚までできたんだろう。

たゆまぬ努力があるからなんだろうな。

地頭の良さも関係なくはないけど、勉強って結局努力だと思う。


でも私。

やっぱり生まれ変わったら、バカでもいいから器量よしに生まれたい!!



週休4日。
2019年03月07日 (木) | 編集 |

こんばんは。某ファミレスで「バッファローモッツァレラのピザ」というメニューをみて、いてまえ打線を思い浮かべたOLです。

近鉄、好きだったなぁ




風邪がなをりません。
もともと風邪気味だったのに、(まだ記事にはしていませんが)雪の残る箱根元宮等に出掛けたため風邪が悪化し、毎朝微熱があったり、しつこい咳が残ったりしております。

今週は仕事も忙しくないし、代休もたまってるので、火曜日休んだのにもかかわらず本日も代休を取ってしまいました。
週末も休みのため、週休4日となります。

働けよっ!!

以下、私の一日をご紹介します。(求められてないけどご覧ください。

1.咳込みが激しかったのと急に休みになって変なテンションで眠くなり、YOUTUBEで昔のドラマ「未成年」第7話までぶっ続けで見る
(いしだ壱成今はあの体たらくだけど当時神がかってた)

2.起きたら10時。洗濯

3.テキトーな朝ごはん

4.ケーブルテレビにて、中日VSDeNAオープン戦を見る

5.なんとなく歯医者を予約。
徒歩1分の歯医者へ。
(風邪の病院じゃねーのかよ)

数か月ぶりに歯医者での口内チェックしてもらったら、ありえないほどの汚さで恥ずかしかった。
先生イケメンだったからなおさら・・・

6.本を読みたい気分だったので、ずっと前に小説を持って、1駅先のカフェまで行きまして、上下巻読破。

何度も読んだ本ですが、今日読んだ(中身のない)感想としては



★こんな私でいいって言って抱きしめてくれる人と一緒に居たい気持ちすごいわかる
★会いたくて触れたくてたまらなくなる気持ち思い出したいし、私にそう思ってくれた人が過去にいたとしたら幸せ。(注:いたとしたら)ありがとう。
★その人が犯罪者でも一緒に居たい気持ちを抑えられないものなのかどうかは自分ならわからない
★主人公の女性はまだ30歳。田舎だから出会いがないし、若いうちにみんな結婚してるのかもしれないけど・・
結構年行った女性の切羽詰まった恋、みないなイメージで感じで読んでたけど、いま読み返してみるとまだこの女性30才・・・・
ちょっと萎えた。てか、一気に冷めた。
あたしはどうなるわけ?
★この小説、映画も見たけど全員適役だったなあ。
★九州弁はしびれます。
九州行ったこと一度もないけど、九州男児率高い私としては懐かしい感じww
(この小説の舞台が福岡・長崎が中心だからなおさら)←聞く人が聞けばわかるww






pc調子悪いからこの辺で。
(つ∀-)オヤスミー



週ベはいねーが
2019年02月20日 (水) | 編集 |
ブックカフェ寄りました。
リア充っぽくね?←そうか?



探しても、探しても、週ベ(週刊ベースボール)がなかったので、
2019022019384660a.jpg


ちょっと意識高そうな本を手に取りながら、ソイラテを飲みました。
20190220193337315.jpg




たまにはこういう時間もいいわね~。



注:本の内容は全く頭に入っていません





どっちやねん。て、決めるのは自分。
2019年02月07日 (木) | 編集 |
ネットサーフィンしてて、偶然見つけた本。
ずっと気になっていましたが、昨日、ブックオフに本売りにいったとき棚をみてたら運命的に出会ってしまったので、即ゲット。
50円割引券も使えたしラッキーでした♪




引き寄せの法則だの、自分第一主義♪だの、たくさんの本があるけど、内容によっては読んで余計苦しくなったこともありました。
この手の本を手に取るときってだいたい「楽になりたい」「幸せになりたい」って切羽詰まってるときが(私の場合は)多いので、「自分の考え方次第であなたもハッピーだよ♪」とか言われると、自分を抑えて無理しちゃうときがあったんですよね。
本に即した思考ができないと、だから私はダメなんだと逆に自分を責めてしまったりもしたし。
著者が自分のリア充ぶりをアピールしているのを読み、辟易したこともありました。
(妬みと言われても仕方無いけどそう思った本もあった)

それに対し、今回買った本は、アラフォーの私にしっくりくる内容。全く押し付けがましくありません。

結局「引き寄せ」とか「自分の考え方やイメージ次第」っていうのは今まで読んだ本と同じなんですが、自然に出来そうだなって思えました。
買ってよかったです!



てか、この本が置いてあった「女性・恋愛」みたいなカテゴリーの棚。
「いつまで独身でいるつもり?」的な本があると思えば、「結婚しなくても幸せに生きる方法」的な本もあるし。

どっちやねん!って突っ込みたくなったww

何が幸せか、どうなりたいか。
決めるのは、自分だよなぁ。







もう一冊買った本。





法律職に憧れがあります。

我が家には、「カバチタレ」の漫画が一通りあるし、行政書士判例集・憲法・民法のテキスト等もあります。
勉強はしていませんが、手放すことが出来ません。

今は仕事についていくのに必死で暇がないのに、どこかで捨てられない憧れ。

でも。
先日10年以上ぶりに電話で話した友人(法律職)に言われた言葉。

「そんなに気になってるなら一日1ページでもいいからやればいいじゃん」
「ガチでやろうとしなくていいんだよ、読書感覚でいいと思うよ」
「この年でとか関係ないよ」


たしかにそうだ。と思えた。
ちょっと気が楽になった。




そんなこんなで。

最近は本屋に行く回数が増えております。




やっぱ止めるべきだわ☆&最近読んだ本
2019年01月28日 (月) | 編集 |
おはようございます。
久しぶりにかかってきた母親からの電話の要件が、「こないだ○チャンネルでベーブルースの番組やってたよ。」だったOLです。

週末仕事でした。
半日だけで用事は済んでいたのですが、事務仕事を終わらせておこうと思って(どうせ用事もなかったからww)午後も出社しました。
そしたら疲れてしまって。

自粛しようと思っていた某ファミレスに寄ってしまいました。

注文したものは多くなかったものの、やっぱりいい酔い方はしなかったです。
帰宅してから、思い出し笑いならぬ、「思い出しムカつき」が止まらない。(ここで一人飲みをするとよく起こる現象)
せっかく最近「ありがとう、ありがとう」毎日つぶやくようにしてプラスオーラを貯めようと思っているのに、もったいなかったです。

疲れが取れるどころか、メンタル面でもよくないって改めてわかりました。

もう一人じゃ行かね。





最近また本屋に立ち寄る日が増えました。

なんとなく買ってみた本。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

しがみつかない大人になる63の法則 [ 中谷 彰宏 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2019/1/28時点)




特定の何かにしがみついているつもりはないんだけれども。
「こうでないとダメ」「こうなってない私ってダメ」って固定観念には縛られている気が我ながらしています。
誰も何も言っていないのに、勝手に決めつけて、勝手に制限をかけて、自分が不利だって思い込んでいる節が多々あります。
その思い込みが少しでも減ればいろいろ楽しいだろうな。

身軽に、ポジティブに生きる参考になればって思って買った本でした。


余談だけど、中谷彰宏さんって、大学時代お世話になった「面接の達人(メンタツ)」の人だわね。