FC2ブログ
みさとです。 食べたものや行ったところを中心に気ままにつづります。 たまに愚痴ったり語ったり浮かれたりもします。 リンクの際は、コメント等でお知らせください。
最近読んだ本【八日目の蝉】
2011年02月28日 (月) | 編集 |
八日目の蝉 (中公文庫)
角田 光代
中央公論新社


何か本を買いたくて入った書店での出会いでした。
映画化されるんだぁ、ベストセラーだったんだぁ。じゃぁ買ってみるかな、なんて軽い気持ち。
本を結構読んでいるのにベストセラー小説をいくつも知らないのが恥ずかしい限りです・・・

それはさておき。

この本は、小説好きなら読んだほうがいいです!
映画、見たいっ!!『悪人』と負けず劣らず映画を見たくなる作品です!!



「母性」をテーマにしたサスペンス作品。不倫相手の子供を誘拐した女・希和子の3年半の逃亡劇と、事件後、大人になった子供・恵理菜の葛藤を描く2章から構成されています。

不倫相手の子供を誘拐、そしてその誘拐された子供も大きくなったら不倫して子供を身篭る。
↑最初そのようなあらすじをチラッと読んだとき『うわぁ、つまんなそう、買って失敗したかも・・・重っ』って思ったんです。
しかしながら読んでいくうちに、印象がかわりました。

重いことは重いけど、どろどろじゃない。道徳観とは程遠い世界だけど、なんだか表現がきれいというか。儚いんだけどきれい。でも美徳を語ったり正当化したりする展開じゃないから不愉快じゃない。
肩入れ出来る登場人物はいなかったけど、惹きこまれてしまいました。

私子供いないし、正直子供得意じゃないし、母性とかそんなに理解できてないかもしれないけど・・・


女性が好みそうな作品だなぁ。
(ちなみにこの作品中に出てくる男性はろくでもない人ばかりです。この作品はそのろくでもない男に絡む女性達がポイントかもしれない)



脈略のない感想文になってしまいましたが、久々オススメですッ
よかったら読んでみてね!


じゃぁね!おやすみ!