FC2ブログ
みさとです。 食べたものや行ったところを中心に気ままにつづります。 たまに愚痴ったり語ったり浮かれたりもします。 リンクの際は、コメント等でお知らせください。
ハマとダミ声とわたし
2019年11月30日 (土) | 編集 |
抜けるような、冬の朝の青空を眺めたい一心で撮った写真。



20191129234602bed.jpg

キレイな景色が撮れたな、よしよし、と思い、ブログに載せようとしてフォルダを見たら一枚だけ2〜3秒の動画になっていて、気持ち悪いダミ声の歌声が収録されていました。

霊かな?
こわいなーこわいなー(稲川淳二風に)

信じたくないですが、霊ではなく私の声だと考えられます。

「あーいの(愛の、と言っていると思う)」で切れていたけど、あまりに気持ち悪い声で引きました。
何より怖いのは、歌っていた自覚が全くないことです。
なんの歌かも記憶にありません。
しかも動画は自動リピートされ、不気味な「あーいの」が繰り返され、戦慄が走りました。


こんなダミ声の小太り中年女が、愛に関する歌を奏でないでほしい。


でも、この景色は何度見ても好きです。





余談ですが、前部署にいた際、苦手すぎて私が病んだり異動することにも繋がった、天然非常識ワーママ後輩、ついに退職したと耳にしました。

やりたいことが見つかりました、と退職理由を述べたそうです。ちゃんちゃらおかしいけれども。

私が異動して彼女が復帰して以来、彼女に対し、私の前上司はしょっちゅうイライラしていたそうです。
性別役職問わず、彼女にイラついていた人が他にも多々いたとのこと。


せっかくありつけた仕事だからと権利をフル行使してしがみつくつもりだったけど、浮いてたから居場所なくなったってのが関の山かな。(鋼メンタル&KYさには定評がある女だけどさすがに耐えられなくなったのか)

彼女が辞めることに反対した人は誰もいなかったとのことです。


私に言わせりゃ、やっとみんなわかったか!って感じです。

こちとら、数年我慢してたんだからな。しかも余分ことばかりするから仕事が増えて、それを一人でこなして尻拭いして。
それなのに、私が彼女のことを上司に相談した際
あまり親身になってくれなかったどころか、私に我慢を強い、ワーママだからとかばう様な発言をされ、挙げ句の果てに彼女が機能していない分の仕事をしていた私に「いなくてもこまらない」と言い放った上司がいました。(謝られましたが一生忘れません)

その上司が彼女の上司になり、彼女に対してイライラばかりしていたんですって。

だから言っただろ?


ご愁傷さまです。
おつかれっした!

あたしに謝ってください。

それにしても、安井金比羅宮すげーな。
またお礼参りにいかねば。


明日から、前だけ見て、青い空とかキレイな景色も見て、ハッピーな日々になりますように。